サイトトップ

保湿,うるおい

年齢を増す毎に肌が乾燥してしまう砂漠肌

年齢を増していくと、肌の保湿を感じなくなりませんか。


Warning: readfile() [function.readfile]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_fopen=0 in /home/k0dk4svn/public_html/experienciadigital.net/index.php on line 36

Warning: readfile(http://it-one.info/elm2/out.php?16) [function.readfile]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/k0dk4svn/public_html/experienciadigital.net/index.php on line 36
でいくらスキンケアをしても、浸透していないのかイマイチ保湿力が乏しい…

気が付いたら肌が全くうるおっていなく、ビックリしてしまう事もありますよね。

肌年齢は20代からどんどん進んでいき、40代になると駆け足で進行してしまいます。

理由は、肌の保湿力不足です。

小じわやハリの無さ、たるみ等、知らず知らずのうちにどんどん起きてしまいます。

全て、乾燥により肌トラブルです。

しっかり肌をうるおわせる事が出来れば乾燥しないのに、何故肌うるおってくれないのでしょうか。

うるおう肌つくり ① うるおわない理由は角質層に水分が届いていない証拠

いくらスキンケアをしても肌がしっとりしない、その理由は角質層に水分が浸透していない事です。

化粧水等の水分を肌にパシャパシャ与えているだけでは、肌の表面しかうるおいませんので、すぐ乾燥してしまいます。

肌の表面の下にある角質層は、水分をキープしてくれる天然保湿因子やセラミド等で構成されています。

角質層まで水分を行きわたらせる為には、天然保湿因子やセラミド配合のスキンケアを使うと、角質層までしっかりと浸透し、肌を正常な状態へと導く事が出来ます。

肌表面だけじゃなく、角質層にまで届かせるスキンケアをする事を心がけましょう。

うるおう肌つくり ② 保湿タイミングはとても重要

保湿のタイミングを間違ってしまうと、肌の角質層まで保湿をする事が不可能となってしまいます。

1番ベストなタイミングは、お風呂から上がった直後。

お風呂では全身を洗ったり顔も洗うので、肌が何にも守られていなく、無防備な状態です。

肌に残った水分は、みるみるうちに蒸発してしまい、極度の乾燥肌に陥ってしまいます。

この状態は非常に危険なので、お風呂から出た即座にスキンケアで保湿をしましょう。

洗面所にスキンケアを保管しておくと、即座にスキンケアが出来るのでとても便利です。

うるおう肌つくり ③ 週1回のコットンマスクで肌にタップリのうるおいを

コットンパックに化粧水をしっかりと浸透させて、顔全体に乗せます。

コットンが厚いようでしたら、半分に割いて使いようにしましょう。

顔全体に敷き詰め、5分ほど若しくはコットンが若干乾燥してきたら取り外します。

化粧水が全く無くなるまで肌上に乗せていると、顔に浸透した水分も全て蒸発させてしまうので、絶対に良くありません。

必ず、コットンが乾燥する前に取り除きましょう。

コットンを剥がした瞬間、モッチモチにうるおっているのが解ります。

コットンに残った化粧水は、首やデコルテ、腕や手などに付けると良いでしょう。

必ず最後に乳液やクリーム等で蓋をしてあげて、惜しみない水分を肌の中にギュッと閉じ込めましょう。

使う化粧水は、普段スキンケアで使っている化粧水でもいいですし、プチプラな安価な化粧水でもOKです。

コットンにタップリ染み込ませるので、減りは早いです。

高価な化粧水を普段使っている方は、コットンパックようにプチプラを用意しておくと良いでしょう。

週1程度で良いので、スペシャルなお出かけの前日や当日の朝に行うと、肌質がグンと変わりますよ。

うるおう肌つくり ④ 化粧水や乳液の浸透力を高める方法

スキンケアは、付け方で浸透力が格段に変わります。

普段、何気なくスキンケアを付けている方は、少し変えるだけで浸透力を格段に良くする事が出来ます。

・スキンケアは手の平に乗せて温めてから使う

手の平に1度乗せ、30秒ほど置きます。手の温度で人肌の温かみになりますので、すっと肌に浸透していきます。

・顔を包み込むように手の平を優しく当てて包み込む

顔に優しく丁寧にスキンケアを付けた後は、顔全体を包み込むように手の平で覆いましょう。手の温度が肌へのスキンケアの浸透力を高めてくれます。ほうれい線の部分や目の周りのシワっぽい部分等、優しく手で温めて浸透力を高めましょう。

・1つのスキンケア毎にインターバルを置く

化粧水を付けて美容液を付けて乳液を付ける…この工程続けて行っていませんか。間髪入れず続けて行ってしまうと、各スキンケアの効力を半減させてしまいます。最低でも3分、出来れば5分は置くようにし、1工程がきちんと終わった後に次のスキンケアを行うようにしましょう。

うるおう肌つくり ⑤ 空間の湿度を高めよう

自分が入る空間の空気が乾燥していると、肌の水分を空気に持って行かれるので、乾燥肌になってしまいます。

いくら頑張って保湿ケアをしても、これでは意味が無くなってしまいます。

室内の湿度を、保つようにしましょう。

1番良いのは、加湿器を付ける事。

簡単に湿度調整が出来るので、とても便利です。

加湿器を持っていない場合は、部屋に濡れタオルを干したり暖かい飲み物を置くなど、蒸気が出やすい環境を作りましょう。

理想の湿度は、50~60%です。

あまり湿度が上がり過ぎても、肌が湿気についていけなくなるので、この程度の湿度が理想です。

うるおう肌つくり ⑥ 肌がつっぱる洗顔は改善しよう

洗顔後、肌がつっぱると思った事ありませんか。

肌がつっぱっているという事は、洗顔料が肌に大きな負担を与えている証拠です。

肌がつっぱる負担は、肌を乾燥へと引き込んでしまいます。

そのような状況が続くようでしたら、洗顔料を見直しましょう。

つっぱる感じがする時点で、肌は少し弱っています。

肌に負担がかからない弱酸性等の洗顔料を使い、肌に負担を与えないようにしましょう。

また、保湿力が乏しい肌には、オイルクレンジングは適しません。

オイルクレンジングは洗浄力が高いので、
Warning: readfile() [function.readfile]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_fopen=0 in /home/k0dk4svn/public_html/experienciadigital.net/index.php on line 48

Warning: readfile(http://it-one.info/elm2/out.php?17) [function.readfile]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/k0dk4svn/public_html/experienciadigital.net/index.php on line 48
から肌に大きな負担を与えてしまい、結果的に乾燥肌へと導いてしまいます。

ミルククレンジングやジェルクレンジング、クリームクレンジングに切り替えて、肌に負担をかけない洗顔を心がけましょう



車買取研究会seoplink.陰陽家武運長久|相互リンクSEO-P-Link ver3.5改童話福岡市活かすページ/相互リンク Seo-P-link Ver3.5Sitemix 相互リンクSeo-P-Link ver3.5中古パソコンSeoP-Link.カオスアクセスアップ相互リンク教室・スクール・クラブ4PVアクセスアップ seo-p-linkBlueviolet 相互リンクSeo-P-Link ver3.4相互リンク募集の猫自動相互リンク集GF姫路の相続 司法書士小川卓也事務所